SmallRig製ソニー RX100VII用リグの選択に迷っていませんか?

25th Oct 2019

SmallRig製ソニー RX100VII用リグの選択に迷っていませんか?

ソニー RX100VIIは、RXシリーズの最新作として、現在最も人気の高いコンパクトデジタルカメラです。静止画撮影と動画撮影においては、プロレベルの性能を誇っていて、プロの写真家やビデオグラファー、ビデオブロガーなどの殆どのニーズに応えられます。

RX100VIIは、ビデオブロガーにとっての理想的なカメラ

RX100VIIは、積層型CMOSイメージセンサーを搭載し、フラグシップ機のα9でも採用されている最高20コマ/秒の高速連続撮影が可能です。また、最大60回/秒のAF/AE演算処理が行われ、電子ビューファインダーや液晶モニターの表示も60回/秒で更新されている為、高速移動被写体を撮影する際にブラックアウトフリーの連続撮影が可能になります。

RX100 VIIは、1回のシャッターレリーズで最高90コマ/秒で7枚の静止画を連続撮影できる、「ワンショット連続撮影」という新機能も搭載している為、決定的な瞬間を見逃さない。AIを活用したリアルタイムトラッキングを搭載し、シャッターボタンを半押しすると動く被写体を自動追尾させることができます。

さらに、シリーズ初のマイク端子が搭載され、ビデオブロガーなどにとってのありがたい機能です。

嬉しい機能満載のRX100 VIIだが、無視できない欠点もあります。コンパクト性を追求するあまり、バッテリー箇所はグリップの形状になっておらず、握る際に指の実感がなく、落ちる不安すら感じてしまいます。

底部にクイックリリースプレートを装着すると、電池交換ができなくなってしまいます。

また、カメラ本体にはホットシューなどが搭載されていない為、高度な動画撮影を行う際に、アクセサリーを付けようとしても付けられない。

そこで、アクセサリーのカメラリグの出番です。

使用シーンに応じて、弊社はRX100 VII用アクセサリを3種類発売しました。3種類の製品ともグリップ問題やクイックリリースプレートを装着した際の電池交換問題などを解決します。SmallRig Sony RX100 VII&RX100 VI専用ケージ2434は高度な動画撮影に欠かせないものと言えるでしょう。上部と側面に外部マイクや撮影用小型ライトを装着できるコールドシューが装備されている他、全体にはある1/4ネジ穴(三脚取付穴)には様々なビデオ撮影用アクセサリーを装着できます。

RX100 VIIを2434製品に装着した写真



ポータブル性を重視する場合は、SmallRig Sony RX100 III/IV/V(VA)/VI/VII用デュアルコールドシュー付きL型ウッドグリップ2438がお勧めです。コンパクト性重視で、拡張性も高い。


2つのコールドシューを備えている為、動画撮影時に外部マイクや撮影用小型ライトなどを装着できます。


側面と裏面には1/4ネジ穴(三脚取付穴)が多数備えていて、様々な1/4ネジ穴互換のアクセサリーを装着できます。人間工学のウッドグリップは、厚みを増やすことで、カメラを握っていることをより実感できます。


SmallRig Sony RX100 VII用L型ウッドグリップ2467は、写真撮影の際のホールド感などを高めるように設計されています。


まとめ:

三種類の製品をよりわかりやすくする為に、比較一覧表を作成しました。


以上の情報を参考して、自分に最適の一品を選びましょう!